buildingLandscape


The name buildingLandscape refers to what we design – buildings and outdoor spaces.

It is also an expression of our intentions to design not only the space and time for events and other occurrences, but buildings that are like topographies, which are timeless and definitively impact the places they create.

Although the buildings, products and events that we are able to create are but small specks as seen from society as a whole, we still strive to make proposals that can spread back out into society.


 



ビルディングランドスケープ/buildingLandscape

This is fun page of an architectural design office 'buildinglandscape' based in Tokyo and Dalian, run by Satoru Yamashiro and Takao Nishizawa. 建築家山代悟と西澤高男のパートナーシップによる、東京と大連にベースをおく建築設計事務所ビルディングランドスケープのファンサイトです。 山代は大連理工大学建築与芸術学院 客員教授。 西澤は東北芸術工科大学 准教授。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape4 days ago
「みやむら動物病院」が、新しく設立された東京都の「ウッドシティTOKYOモデル建築賞」の第一回最優秀賞(都知事賞)を受賞しました。

木材を使った新しい建築の可能性は世界中で競って試されていますが、狭義の地産地消ではなく、「地産都消」(地域で木を育て、建材の消費地である都市部にちゃんと届ける)が重要だと考えています。

そのためには中高層にするための構造的な工夫だけでなく、防耐火性能と木の表し方の両立、狭小な敷地で大きな屋根や庇といったものが使えない状況の中でも質を保てる木を使った外装の考え方の開発など、伝統的な手法を参照するだけでは済まないテーマがあると思います。

そのような取り組みが評価されて受賞に至ったのは、本当に嬉しいですし、第一回というこの賞の方向性を占う場面で選ばれたことが本当に光栄です。

ーーーーー
東京都では、木材の大消費地・東京において、新たな木材需要を喚起するため、木材利用の新たな可能性を開拓する革新的・モデル的な建築物又は木質空間を表彰する「ウッドシティTOKYOモデル建築賞」を今年度から開始しました。このたび、受賞作品が決定しましたのでお知らせします。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/01/17/08.html
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2 weeks ago
ビルディングランドスケープによる
檜杉CLTとラジアタパインLVL厚板木造建築
【広島県廿日市市「大野の茶室」完成見学会のお知らせ】

山代悟+ビルディングランドスケープ設計監理によるLVLとCLTによる厚板木造建築「大野の茶室」の完成見学会を開催します。ロードサイドの大きな工場と店舗に挟まれた敷地に茶室にふさわしい空間を作り出すために、露地と露地庭を作り出すスケルトンを厚板木造で作り、その中に数寄屋の広間の茶室を設えました。

詳しくはパンフレットの画像をご覧ください。

日時:
1月20日(日)、21日(月)
A 10:00、B 12:30、C 14:30の三回に分けてスタートするツアー形式の見学です。
事前にお申し込みください。
申し込み方法:
見学希望の方は「氏名/所属/当日の携帯電話連絡先/人数/見学希望日及び見学希望時間帯の区分(A、B、C)」を担当 奥本(ok@buildinglandscape.com)までご連絡ください。
場所:
広島県廿日市市沖塩屋2-10-52
JR大野浦駅より徒歩4分

建築設計: 山代悟+ビルディングランドスケープ
構造設計: 桜設計集団一級建築士事務所
設備設計: ピロティ株式会社
ランドスケープ設計: 株式会社マインドスケープ
施工: 五洋建設株式会社
ランドスケープ施工: LANDSCAPE NIWATAN DESIGN OFFICE

ぜひご覧ください!
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape4 weeks ago
岡野道子建築設計事務所、ライト設計とJVで設計監理を行なっている熊本県「甲佐町住まいの復興拠点施設」の建設が進んでいます。2017年夏の熊本アートポリス事業のプロポーザルで選ばれたものです。

二戸一の平屋の長屋タイプが15棟で30世帯、その集会施設としての「みんなの家」、遅れて竣工するRC三階建ての20世帯の共同住宅に子育て支援施設が併設されたもの、その間にひろがる都市防災公園からなるものです。全体が整ってグランドオープンを迎えるのはまだ一年ほどかかりそうです。

この復興住宅地は町役場の隣接する田んぼを造成して作られるもので、役場などのほか病院、高齢者施設、学校、コンビニ、ホームセンターなども徒歩圏にある町の中心に建設されます。こういった立地は珍しいのではないでしょうか。町長をはじめとする行政の優れた判断だと思います。

低層の住宅群には自立再建の難しい高齢者を中心とした皆さんが入居し、中層のアパートには子育て世代の入居が予定されています。数十年後には入居者も次第に入れ替わり、町の中心に生まれる環境の良い50所帯の集落に成熟していってくれると良いなと思います。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape4 months ago
まもなく建て方が始まるCLT+LVLハイブリッドの「大野の茶室」(大野アネックス)。先日のCLTとLVLの製品検査の写真です。

建て方が楽しみです。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape4 months ago
【CLT-LVLハイブリッド木質厚板建築「大野の茶室」建方見学会のお知らせ】

ビルディングランドスケープが設計監理をすすめている広島県廿日市市の「大野の茶室」の建方見学会を10月13日(土)と15日(月)の二日間にわたって行います。

壁はニュージーランド産ラジアタパインのLVL(単板積層板)厚板150mmを、屋根スラブは国産のヒノキと杉のハイブリッドCLT(直交集成板)150mm(梁無し)と90mm(BTの鋼製小梁併用)を用いています。これまで多数のLVL、CLTを用いた建築設計を行った経験を活かして、適材適所の設計を心がけました。

ぜひ建て方見学会で木質厚板構造の建築を体験ください。

*見学は申し込み制です。詳しい案内をご覧の上、メールで申し込みお願いします。

日時:
2018年10月13日(土)、15日(月) 10:00-16:00
場所:
広島県廿日市市沖塩屋2-10-52
アクセス:
JR大野浦駅より徒歩4分
(見学会用駐車場がありませんので電車の利用をお願いします)
設計:
建築設計 山代悟+ビルディングランドスケープ
構造設計 桜設計集団
設備設計 ピロティ
施工:
五洋建設
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape6 months ago
アートポリスのプロポーザルで最優秀に選ばれ、春に着工した熊本県甲佐町住まいの復興施設拠点整備の第1期、災害公営住宅の一棟目の建て方が進んでいます。

65m2ほどの平屋の住戸ふたつを一棟にした二軒長屋です。ここは自力再建が困難な方に対して町が賃貸する町営住宅になります。おそらく最初は高齢者の入居が多くなります。しかし、長い時間のうちには当然使い手も変わり、あるいは民間へ売却といったことも起きるかもしれません。そういった変化に対応できる配置計画と、二住戸をひとつにつなげて使えるような可変性も意識されています。

ようやく一棟目の建て方。これから全15棟とみんなのいえの建設が続きます。来年度からは無事皆さんに入居していただけるように、現場の努力は続きます。


 

Architect




Satoru Yamashiro


Architect


山代悟

    Read more    
 
 

Our Mission



Research
and
Development


As architects, we develop new architectural designs in collaboration with businesses and universities; this includes our involvement in the research and development of materials and construction methods for realizing mass timber buildings in LVL and CLT.


    Our Mission    


Project
Design


We open architectural design to the public though our urban design workshop called CitySwitch – a participatory workshop organized to create things and events by gathering together and exchanging knowledge – as well as our skills in workshop facilitation.


    Our Mission    

Overseas
Construction
Projects


Through our participation in university education and workshops abroad, we have also actively engaged in overseas projects. In China, we have constructed a local stadium and two elementary schools.


    Our Mission    

Our Projects



 
Miyamura Veterinary Clinic

Miyamura Veterinary Clinic


This was an architectural design project that suggests the possibilities of mass timber buildings through its use of mokuso (layered wood) walls with semi-fireproof qualities in a load-bearing wooden wall structure; buildingLandscape was involved in the development of these walls as well. A conventional frame is combined with thick LVL boards and an LVL board structure stands symbolically on the main elevation to the south. The 150mm-thick, layered LVL surface is exposed on the inside, and on the outside, a 30mm-thick LVL finish is applied to the LVL structural skeleton.

Prototype for low-cost CLT construction

Prototype for low-cost CLT construction


This was a CLT building prototype meant to popularize the material and was selected by the Forestry Agency’s subsidization program (『CLT等新たな製品・技術活用建築物実証事業』- Demonstration projects for buildings using new products/technologies such as CLT). Incorporating CLT load-bearing walls and seismic walls into a conventional frame structure simplifies structural calculations and improves workability. At the same time, universally available metal fittings for houses were used as fittings between the members to reduce costs. The project has made its mark on Japan’s CLT architecture roadmap.

LWB Bando-bashi

LWB Bando-bashi


In this project, wooden spaces using layered LVL walls – a material that buildingLandscape has been experimenting with in terms of construction methods and spaces – were developed in a three-dimensional fashion. In this project, we took on two challenges: 1. Developing a construction method of creating layered LVL panels that can be attached to a frame; 2. Not only creating LVL panels that adhere to existing laws on semi-fireproof buildings, but also designing sections of the exterior walls in which the panels also play a structural role.
Ganjingzi Stadium

Ganjingzi Stadium


This was a renovation project for a deteriorating stadium in the Ganjingzi District in Dalian City, Liaoning, China. It is a space for youths to hold training camps and go through athlete training. At the same time, it is a public space that is open to the local community, and it is used to host the community’s sport meets. The key elements to this design included circulation appropriate to the unique site conditions and a symbolic wall in the spectators’ seating area designed to represent the stadium as a space for public activities, in addition to the client’s requests for minimal costs and speedy construction.

Omotenashi Station on Sinmon-dori

Omotenashi Station on Sinmon-dori


In this project, the old shophouses along the approach to Izumo Shrine were reborn with a new design through the CitySwitch machizukuri (community building) workshop. We strove to create a place for people to interact with one another by going one step beyond the conventional visitor’s center and thinking about how the local community can welcome visitors to the area (omotenashi) — and then putting this into practice. LVL is used on a portion of the interior walls and burned cedar is used for the exterior.

Yingchengzi Central Elementary School

Yingchengzi Central Elementary School


In this project, the old shophouses along the approach to Izumo Shrine were reborn with a new design through the CitySwitch machizukuri (community building) workshop. We strove to create a place for people to interact with one another by going one step beyond the conventional visitor’s center and thinking about how the local community can welcome visitors to the area (omotenashi) — and then putting this into practice. LVL is used on a portion of the interior walls and burned cedar is used for the exterior.

Y CLINIC

Y CLINIC


For this project, we renovated one of the rooms in an office building in Yurakucho into a clinic. Due to the unique treatments that would be required by sleep and respiratory medicine, the demands for this project included securing the privacy of the clinic’s users and creating an environment in which patients can undergo medical exams and checkups in a relaxed state.