859784_409083615850379_1073386717_o-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
はとばキッチン
2016年10月10日
20170116A4_1mini
CLTハイブリッドプロトタイプ
2018年2月15日

上島町ゆげ海の駅舎

aDSC_6436

「上島町ゆげ海の駅舎」は全国初の海の駅(*)の駅舎で、サイクルステーションや観光案内所を兼ねた公共施設として計画した。

瀬戸内の離島・愛媛県上島町弓削島は、マリンスポーツや自転車を楽しむ場所として人気が高まっている。私達は2009年から港の集落や生活実態、既存建築物等の調査を地域の方々と共に進め、地域資源を活かした観光のあり方を探るワークショップを継続してきた。その中、2011年ワークショップで、桟橋のみ整備されていた「海の駅」が陸と海の結節点となるよう、滞在型交流促進のための拠点「海の駅舎」を提案、その後設計を依頼された。

主構造は施工性を考慮して在来木造とし、敷地内を貫通する水路上に建物は建てられないため半屋外として、桟橋からのアクティビティを引込む。分割される建物を屋内外貫通する1/12勾配のスロープでぐるりとつなぎ、車椅子利用者の2階へのアクセスも可能としている。囲まれた吹抜に梁を架け渡し、屋根とスロープに24mm厚の合板を貼り、在来工法でHP曲面を容易とすると共に水平構面を構成する。それで実現した無柱の土間は屋内外連続した多目的スペースとして、今後整備予定の「海の駅前広場」と連続して様々なイベントに対応、スロープを通じて海の駅舎内まで「全てが道端のような」小さな活動が連続する場所となることを目指した。

地域の工務店で建設可能な小さな木造建築でありながら、広がりのある内部空間と、敷地外に繋がる拡張性を実現した。

 

上島町ゆげ海の駅舎

    • 建築設計:ビルディングランドスケープ+SLOWMEDIA 西澤高男、日高仁
    • 構造設計:坪井宏嗣構造設計事務所
    • 設備設計:ピロティ
    • 設計期間:2015年5月~2016年7月
    • 施工期間:2016年9月~2017年3月
    • 施工:河上工務店
    • 主要用途:事務所+休憩所
    • 所在地:愛媛県越智郡上島町
    • 構造:木造
    • 規模:地上2階
    • 敷地面積:166.04㎡
    • 建築面積:125.10㎡
    • 延床面積:154.29㎡
    • 撮影:新良太 ビルディングランドスケープ(*印) SLOWMEDIA(**印)
    • 受賞:SD Review2016 入選(2016年)