災害公営住宅と防災公園と一体で整備された子供のいる若い世代の入居者を対象とする集合住宅。

各住戸を雁行させるようにズラすことで、玄関前に三角形のスペースをつくり、ベビーカーなどを置くことのできるようにした。またそれによって全体の形は南側の防災公園を包み込むように緩やかにカーブをしており、北側には田園風景が拡っている。

これら住戸の雁行配置とカーブはそれぞれの住戸内に風を受け止めるウインド・キャッチャーとしても機能している。各住戸の土間とキッチン間は木製ルーバーとなっているため、住戸内部に風が抜ける仕組みとなっている。寝室は引き戸を開くことで子供の成長と共に自由に変化する設えとした。1階には防災公園と一体的に利用可能なキッズスペースとして集会室を配している。
 

ヴェルデ甲佐

  • 建築設計:岡野道子・ビルディングランドスケープ・ライト設計 共同企業体
  • 構造設計:オーク構造設計
  • 設備設計:本田設計コンサルタント
  • 設計期間:2017年9月~2018年3月
  • 施工期間:2018年8月~2019年9月
  • 施工:松島建設(建築)、SYSKEN(電気・機械)
  • 主要用途:共同住宅
  • 所在地:熊本県上益城郡甲佐町
  • 構造:RC造
  • 規模:地上3階
  • 敷地面積:2448.72㎡
  • 建築面積:841.24㎡
  • 延床面積:1941.12㎡
  • 撮影:新良太