buildingLandscape


The name buildingLandscape refers to what we design – buildings and outdoor spaces.

It is also an expression of our intentions to design not only the space and time for events and other occurrences, but buildings that are like topographies, which are timeless and definitively impact the places they create.

Although the buildings, products and events that we are able to create are but small specks as seen from society as a whole, we still strive to make proposals that can spread back out into society.


 



ビルディングランドスケープ/buildingLandscape

This is fun page of an architectural design office 'buildinglandscape' based in Tokyo and Dalian, run by Satoru Yamashiro and Takao Nishizawa. 建築家山代悟と西澤高男のパートナーシップによる、東京と大連にベースをおく建築設計事務所ビルディングランドスケープのファンサイトです。 山代は大連理工大学建築与芸術学院 客員教授。 西澤は東北芸術工科大学 准教授。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/04/08 @ 19:27
先日、無観客試合ならぬ、無観客オープンハウスをした、東京都中野区の「やはた幼稚園保育ルーム」のZoomオープンハウスの様子の録画ビデオです。

ぶっつけ本番の収録ですので、お見苦しい点もあるかもしれませんが、ご笑覧ください。

もちろん本物の建築空間を体験していただくのが一番なのですが、遠方などで参加いただけない方にも観ていただける方法として、一般化しても良いのではないかという手応えをもちました。

手法などに興味のあるかたはご連絡ください。必要な装備などお伝えします、

https://youtu.be/AlFwtZFNyFg
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
20200405やはた幼稚園保育ルーム Zoomオープンハウス
東京都中野区の幼稚園「やはた幼稚園」に増築された保育ルームの建築解説です。(設計:ビルディングランドスケープ)
youtube.com
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/04/06 @ 16:20
ビルディングランドスケープで設計監理をすすめてきた、広島県は宮島のもみじ饅頭の老舗「やまだ野宮島本店」の第一期工事がまもなく終わり、仮使用での仮店舗を営業スタートします。

今後は商店街に面した部分を耐震補強をしながら残し、新棟部分を伸ばして既存棟と一体で利用できるように工事をすすめ、全体を完成させる第二期工事が続きます。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/04/04 @ 14:48
明日4月5日(日)にZoomオープンハウスを実施する耐火木造「やはた幼稚園保育ルーム」のパンフレットです。
ぜひご一読の上、Zoomで参加ください。

https://www.dropbox.com/s/mata9vusgpbxoef/53850955_%E3%82%84%E3%81%AF%E3%81%9F_online_flyer_s.pdf?dl=0&fbclid=IwAR2NuzxurAYPW3eyOb6WayvaFUE09FlP15wiYWLm4IZO8_NdJL_rvGU7gLE
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/04/04 @ 11:29
⬛︎⬛︎やはた幼稚園 保育ルーム Zoomオープンハウス のご案内

この度、ビルディングランドスケープ設計監理による、既存幼稚園に保育スペースを増築するプロジェクトが東京都中野区で竣工し、無事開園を迎えることができました。施主様のご協力により、2020年4月5日にオープンハウスを開催する予定でしたが、国内外でのコロナウイルス感染拡大という状況を鑑み、Zoomを利用したオンライン配信でのオープンハウス実施を試みることにしました。

当日は機材トラブルなども可能性がありますが、ご笑覧いただければ幸です。

⬛︎配信日時:
2020年4月5日 ①14:00〜 (30分程度)、②15:30〜 (30分程度)
設計者・構造設計者による案内付きバーチャル建築ツアーと質疑応答(①も②も、基本的には同じ内容です。)

視聴方法:
zoomアプリケーションをダウンロードいただければ、PCあるいはスマートフォンでどなたでもご参加いただけます。リアルタイムでの解説付き建築ツアーに加え、ご視聴いただいている皆様からの質疑にもその場でお答えいたします。

zoomのミーティングIDは 359 846 170

パスワードはありません。参加の仕方の詳細については、Zoomのサポートページをご覧ください。

⬛︎建築の概要:
昨年開園70周年を迎えた やはた幼稚園 は、創造的で意欲的な幼児教育に取り組む、地域で人気の幼稚園です。その園舎に、幼稚園の教職員や地域の方々の子供たちをを預かる保育施設を増設し、2020年4月1日に やはた幼稚園 保育ルーム として開園しました。

既存のRC耐火建築2階建て幼稚園園舎に、耐火木造2階建の、保育室と多目的室を備えた園舎を一体として増築しました。大きめの空間を出来るだけフレキシブルに設えるため、耐震要素をできるだけ建物外周にまとめました。木造の在来工法に「RC櫛形耐震壁」を組み合わせることで、外周部の開口も十分に確保することができました。

多目的室内に自立してくる1時間耐火柱には、160mm角の木造の柱を準不燃処理した70mm厚のLVL材で包むことで1時間耐火柱とする「LVL被覆1時間耐火構造柱」を、日本で初めて採用しています。ビルディングランドスケープランドスケープの山代は、全国LVL協会のこの1時間耐火柱の開発にも参加していました。

今回の建築は、通常であれば準耐火構造で良い規模ですが、敷地が東京都中野区の木密地域の「新防火区域」内であるために耐火建築であることが求められました。意匠設計はビルディングランドスケープ。構造設計は木下洋介構造計画。施工は中島工務店。家具デザインは大原温(camp)。準不燃処理LVLによる耐火被覆製造はキーテックです。

⬜︎やはた幼稚園 保育ルーム

所在地:東京都中野区大和町2丁目20−3
発注者:学校法人八幡学園

敷地面積:1,447.24m2
延床面積:1,177.31m2(今回増築部分:426.32m2/既存部分:750.99m2)
建築面積:696.92m2(今回増築部分:261.60m2/既存部分:435.32m2)
主要用途:幼稚園・保育園
構造・規模:木造 一部RC造 2階建(櫛形耐震壁、既存部分はRC造2階建)
地域地区:第1種低層住居専用地域 新防火区域
防耐火要件:耐火建築物

設計
建築:ビルディングランドスケープ
構造:木下洋介構造計画
施工:中島工務店家具デザイン:大原温(camp)
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/04/01 @ 15:47
【Zoomオープンハウスします】

週末にオープンハウスをしたいと考えていた中野の耐火木造「やはた幼稚園保育ルーム」。

オープンハウスではなく、Zoomを使った双方向のネット中継で行おうと思います。

パソコンに広角の外付けカメラとマイクをつけて、中継してみます。

続報をお待ちください。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape2020/03/20 @ 11:09
宮島で工事を進めていた、もみじ饅頭の老舗「やまだ屋宮島本店」の一期工事が終盤を迎えています。2015年の夏に設計をスタートし、様々な法規制や景観ガイドラインの中で、既存建物を一部保存再生させながら法適合させていく、規模は小さいながら複雑なプロジェクトとなりました。

設計も難航し、景観審査で難航し、ようやく工事を始めたら埋蔵文化財が見つかり、構造から再設計となり、杭も再設計となり、と多難なプロジェクトでしたが、5年かかってようやく一期工事範囲が完成。

今後、新棟を仮設店舗として仮使用をしながら、残してあった既存部分を一部解体、一部は耐震補強をし、全体を繋いでようやく完成となる運びです。


 

Architect




Satoru Yamashiro


Architect


山代悟

    Read more    
 
 

Our Mission



Research
and
Development


As architects, we develop new architectural designs in collaboration with businesses and universities; this includes our involvement in the research and development of materials and construction methods for realizing mass timber buildings in LVL and CLT.


    Our Mission    


Project
Design


We open architectural design to the public though our urban design workshop called CitySwitch – a participatory workshop organized to create things and events by gathering together and exchanging knowledge – as well as our skills in workshop facilitation.


    Our Mission    

Overseas
Construction
Projects


Through our participation in university education and workshops abroad, we have also actively engaged in overseas projects. In China, we have constructed a local stadium and two elementary schools.


    Our Mission    

Our Projects



 
Miyamura Veterinary Clinic

Miyamura Veterinary Clinic


This was an architectural design project that suggests the possibilities of mass timber buildings through its use of mokuso (layered wood) walls with semi-fireproof qualities in a load-bearing wooden wall structure; buildingLandscape was involved in the development of these walls as well. A conventional frame is combined with thick LVL boards and an LVL board structure stands symbolically on the main elevation to the south. The 150mm-thick, layered LVL surface is exposed on the inside, and on the outside, a 30mm-thick LVL finish is applied to the LVL structural skeleton.

Prototype for low-cost CLT construction

Prototype for low-cost CLT construction


This was a CLT building prototype meant to popularize the material and was selected by the Forestry Agency’s subsidization program (『CLT等新たな製品・技術活用建築物実証事業』- Demonstration projects for buildings using new products/technologies such as CLT). Incorporating CLT load-bearing walls and seismic walls into a conventional frame structure simplifies structural calculations and improves workability. At the same time, universally available metal fittings for houses were used as fittings between the members to reduce costs. The project has made its mark on Japan’s CLT architecture roadmap.

LWB Bando-bashi

LWB Bando-bashi


In this project, wooden spaces using layered LVL walls – a material that buildingLandscape has been experimenting with in terms of construction methods and spaces – were developed in a three-dimensional fashion. In this project, we took on two challenges: 1. Developing a construction method of creating layered LVL panels that can be attached to a frame; 2. Not only creating LVL panels that adhere to existing laws on semi-fireproof buildings, but also designing sections of the exterior walls in which the panels also play a structural role.
Ganjingzi Stadium

Ganjingzi Stadium


This was a renovation project for a deteriorating stadium in the Ganjingzi District in Dalian City, Liaoning, China. It is a space for youths to hold training camps and go through athlete training. At the same time, it is a public space that is open to the local community, and it is used to host the community’s sport meets. The key elements to this design included circulation appropriate to the unique site conditions and a symbolic wall in the spectators’ seating area designed to represent the stadium as a space for public activities, in addition to the client’s requests for minimal costs and speedy construction.

Omotenashi Station on Sinmon-dori

Omotenashi Station on Sinmon-dori


In this project, the old shophouses along the approach to Izumo Shrine were reborn with a new design through the CitySwitch machizukuri (community building) workshop. We strove to create a place for people to interact with one another by going one step beyond the conventional visitor’s center and thinking about how the local community can welcome visitors to the area (omotenashi) — and then putting this into practice. LVL is used on a portion of the interior walls and burned cedar is used for the exterior.

Yingchengzi Central Elementary School

Yingchengzi Central Elementary School


In this project, the old shophouses along the approach to Izumo Shrine were reborn with a new design through the CitySwitch machizukuri (community building) workshop. We strove to create a place for people to interact with one another by going one step beyond the conventional visitor’s center and thinking about how the local community can welcome visitors to the area (omotenashi) — and then putting this into practice. LVL is used on a portion of the interior walls and burned cedar is used for the exterior.

Y CLINIC

Y CLINIC


For this project, we renovated one of the rooms in an office building in Yurakucho into a clinic. Due to the unique treatments that would be required by sleep and respiratory medicine, the demands for this project included securing the privacy of the clinic’s users and creating an environment in which patients can undergo medical exams and checkups in a relaxed state.