parallax background

buildingLandscape


The name buildingLandscape refers to what we design – buildings and outdoor spaces.

It is also an expression of our intentions to design not only the space and time for events and other occurrences, but buildings that are like topographies, which are timeless and definitively impact the places they create.

Although the buildings, products and events that we are able to create are but small specks as seen from society as a whole, we still strive to make proposals that can spread back out into society.

bl_logo-1
ogp

News



 
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
今年6月に北海道旭川近郊の比布町に竣工した「比布の家」をポートフォリオにまとめました。

鉄道用貨物コンテナを中央に置き、それを木造のシェルターで包んだ小住宅です。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
大阪市都島区の8階建て都市木造共同住宅「都島プロジェクト」のパースをバージョンアップしました。

下層3階は鉄骨造ですが、上層5階はK型ブレースとCLT耐震壁を組み合わせたLVL軸組構造です。4階には二時間耐火構造も採用。

施主であり、施工も行うオリオン建設は大阪城の北側で120年前に木材商として創業。その後建設会社に転じましたが、今回都市木造共同住宅を建設し、オフィスをその一画に移します。

意匠設計はビルディングランドスケープ、構造設計はU’plan、設備設計はEOS plusです。

構造設計や構造実験のサポートと材料調達、加工、躯体の施工はシェルター。耐火被覆にはシェルターの二時間耐火COOL WOODも採用。カーテンウォール仕様で取り付ける耐火外壁用パネルは三井ホームコンポーネントでプレファブ化してもらいます。ペントハウスの一部には全国LVL協会の委員として開発にも参加したキーテック製難燃処理LVL耐火被覆による一時間耐火構造も取り入れます。

中大規模木造建築は大きな注目を集めていますが、早い時期から技術開発に取り組んできた大手ゼネコンなどが先導している分野だと言うことができるかもしれません。そのような中でも、木造の構造設計、防耐火設計、材料調達から加工、組み立てまでをサポートできる「木造パートナー」などチームを組めば地域建設会社でも中大規模木造建築に取り組めるということを実証できればと思います。

建て方はまだ来年初夏になりそうですが、ぜひ見学会などを行いたいと思います。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
「令和4年度木材利用優良施設等コンクール」の結果が発表されました。

ビルディングランドスケープの「やはた幼稚園保育ルーム」は優秀賞をいただきました。

東京都中野区の木密地域に建つ耐火木造の保育ルームです。

全国LVL協会防耐火委員会で開発に参加したLVL耐火被覆も世界で初めて採用しました。

https://www.jcatu.jp/commendation/14_list_detail.html
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
北海道旭川近郊の「比布の家」が竣工しました。

小さなJR駅のそばの住宅地の一画に建つ、勾配屋根をもった平屋、延床面積43m2弱の小住宅です。

斜向かいの赤レンガ倉庫のプロポーションに倣ったシルエットで、外壁はカラマツで仕上げています。

「比布の家」は43m2ほどの木造のシェルターの中に、10フィートコンテナを内包した特徴的な構成をもっています。

玄関を入ったすぐの土間には薪ストーブがあります。そこからダイニング、キッチン、書斎、ベットルーム、水廻りの前室が、コンテナの周りに展開します。
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
ビルディングランドスケープ/buildingLandscape
TECTUREに「早瀬庵」が掲載されました。

ご覧ください。

https://www.tecture.jp/projects/2519/posts

大野の茶室は、新しい木質建材として注目を集めるCLT 及びLVL の厚板を用いた都市木造プロジェクトである。構造体の全てに木質の厚板を用いることで現場作業を省力化を図り、厚板木造プレファブ工法のプロトタイプとして計画された。

平屋の建物で、もみじ饅頭の手焼き体験が行えるエリアと上田宗箇流の茶室によるエリアが路地を介してつながる構成となっている。内部空間は173 ㎡であるがLVL 厚板の壁にぐるりと囲まれた中に茶室やそこに至るシークエンスを作る路地、中庭を取り込むように計画されており、それらを含めると外形としては262 ㎡程度の建物となる。ロードサイドに立地し周囲に建物が立ち並んだ環境にあっても、茶室にふさわしい落ち着いた空間を実現する平面計画とした。

壁には厚さ150mm のニュージーランド産ラジアタパインLVL 厚板を、屋根には桧杉ハイブリッドの国産材CLT厚板を用いている。手焼き体験室では6m のスパンを厚さ150mm のCLT を用いているのに対し、茶室においては厚90mm のCLT とビルトT によって構成された鉄骨梁のハイブリッドによる構成とし、10m を超えるスパンを支えるととともに、立礼式茶室においてあらわしになったビルトT によるフレームが空間にアクセントを与えている。

  • 2
  • 0
  • 2
  • 0
  • 2
  • 0
  • 2
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0



Architect



Home

Architect


Satoru Yamashiro

    Read more    


Architect


Takao
Nishizawa

    Read more    
Home
 

Our Mission



parallax background

Research
and
Development


As architects, we develop new architectural designs in collaboration with businesses and universities; this includes our involvement in the research and development of materials and construction methods for realizing mass timber buildings in LVL and CLT.


    Our Mission    
parallax background


Project
Design


We open architectural design to the public though our urban design workshop called CitySwitch – a participatory workshop organized to create things and events by gathering together and exchanging knowledge – as well as our skills in workshop facilitation.


    Our Mission    
parallax background

Overseas
Construction
Projects


Through our participation in university education and workshops abroad, we have also actively engaged in overseas projects. In China, we have constructed a local stadium and two elementary schools.


    Our Mission    

Our Projects



 
kumamotoslides-1024×466-1-1-e1629010057682

Kosa Town Reconstruction Base Facility Development Project


 

home_story_whatido_2

Miyamura Veterinary Clinic


This was an architectural design project that suggests the possibilities of mass timber buildings through its use of mokuso (layered wood) walls with semi-fireproof qualities in a load-bearing wooden wall structure; buildingLandscape was involved in the development of these walls as well. A conventional frame is combined with thick LVL boards and an LVL board structure stands symbolically on the main elevation to the south. The 150mm-thick, layered LVL surface is exposed on the inside, and on the outside, a 30mm-thick LVL finish is applied to the LVL structural skeleton.

Home

Yingchengzi Central Elementary School


In this project, the old shophouses along the approach to Izumo Shrine were reborn with a new design through the CitySwitch machizukuri (community building) workshop. We strove to create a place for people to interact with one another by going one step beyond the conventional visitor's center and thinking about how the local community can welcome visitors to the area (omotenashi) — and then putting this into practice. LVL is used on a portion of the interior walls and burned cedar is used for the exterior.